AviUtlの使い方紹介

動画編集ソフトAviUtlの使い方紹介

このサイトではフリーの動画編集ソフトの「AviUtl」の使い方を紹介します。
インストール,拡張編集,シーンチェンジ、アニメーション,フィルター、カスタムオブジェクトなどを紹介します。
AviUtlは動作が軽く、機能が豊富で、お勧めのフリーソフトです。

このサイトはリンクフリーです。

AviUtlで作った動画の例

AviUtlで作った動画を Youtubeで公開しています。

AviUtlのダウンロード

以下でダウンロードできます。
AviUtlのお部屋
aviutl100.zip(本体)とexedit92.zip(拡張編集Plugin)をダウンロードします。 本体だけではできることが限られますので、拡張編集Pluginも必要です。

AviUtlのインストール

aviutl100.zip(本体)を解凍します。
exedit92.zipを解凍して、ファイルをAviUtlと同じフォルダに入れます。

AviUtlのメニュー

ファイルメニュー

AviUtlの拡張編集

AviUtlの拡張編集で字幕を付けたり、シーンの変更、アニメーションなどの効果を作成できます。
拡張編集

AviUtlのシーンチェンジ

シーンを変更するときに画面に変化をつけることができます。
動画と静止画でいろいろなシーンチェンジを紹介しています。
シーンチェンジ



AviUtlのアニメーション

画面のアニメーションが行えます。
動画と静止画でいろいろなアニメーションを紹介しています。
アニメーション


AviUtlのフィルター

画面のフィルターをかけられます。
動画と静止画でいろいろなフィルターを紹介しています。
フィルター


AviUtlのカスタムオブジェクト

集中線、雲、雪、星などいろいろなカスタムオブジェクトを描画できます。
動画と静止画でいろいろなカスタムオブジェクトを紹介しています。
カスタムオブジェクト

AviUtlのスクリプト

スクリプトで画面を制御できます。

スクリプト